企業情報

株式会社日本介護福祉グループでは、2005年5月の創業以来、デイサービス事業に自主事業としての夜間ケアサービスを加えた「茶話本舗(さわほんぽ)」を運営させて頂いております。現在では、全国各地に展開する茶話本舗のブランドは、通所介護事業所数国内NO.1となっております。

社 名 株式会社日本介護福祉グループ (略称 JC-Group,英語表記 Japan Care Welfare Group. Co., Ltd.)
本社所在地 〒111-0053 東京都台東区浅草橋2-2-10 カナレビル5階

自主基準と内部監査

「茶話本舗」の内部監査体制の構築

「茶話本舗サービス自主ルール基準」の周知徹底を図るために、内部監査体制の構築と、 事業所運営に関する「自主点検制度」を2012 年1 月より導入いたしました。

介護事業者は、介護保険制度に基づいて利用者(要介護者)に対してサービスを提供している事業者で、公費および保険料に賄われ運営されています。
介護に関連する各種法令は、利用者に対するサービス品質が最低基準以下に陥ることを監視するための法であり、利用者へのサービス品質の維持向上という点では各事業者に任されているのが現状です。

すでに「茶話本舗」で自主的に提供している「延長・早朝・宿泊」サービスは介護に関連する各種法令の適応外で、公的制約を有しないことから、自主的なルール策定が求められています。
日本介護福祉グループは、「茶話本舗」において利用者に対するサービス品質の維持向上を目的、 2011年5月に「茶話本舗サービス自主ルール基準」を策定し、既に運用を開始しています。

監査体制についての強化を図るために、「内部監査体制」の構築と、「自主点検制度」を導入します。
「点検項目」は実地指導における「自己点検表」に準じ、「評価項目」は都道府県による「自己評価表」・「第三者評価分析シート」に準じて作成します。

◆内部監査体制の運用フローは以下の通りです。
1)指定申請書提出時の内部監査室による事前監査チェック体制の導入
2)年1回の自主点検制度の運用(詳細は下記参照ください)
3)自主点検結果に基づき改善の見られない事業所は、内部監査室による実地監査を実施
4)実地監査に基づく改善指導、各事業所より改善計画書の作成及び改善実施、改善結果報告を提出
5)内部監査室による度重なる監査指導の結果、著しく問題のある事業者、改善の意思のみられない事業者にはフランチャイズ契約解除の通告

◆自主点検の具体的な運用フローは以下の通りです。
1) 実施回数:年1回
2) 実施期間:4か月
3) 実施フロー:
 a. 本部から事業所へ自主点検表を送付
 b. 事業所で自己点検を行い、本部への提出
 c. 提出された自己点検を本部(品質管理者)が確認を行う。
 d. 事業所でサービス改善の実施
 e. 事業所より本部へ改善状況報告書の提出
日本介護福祉グループは、第1回目の自主点検を2012 年1月から実施し、「茶話本舗サービス自主ルール基準」の周知徹底を図ることで「茶話本舗」の利用者への「サービス品質の維持向上」と、「コンプライアンス遵守体制の強化」を徹底します。

自主基準と内部監査

防火安全対策について

茶話本舗チェーンでは、近年問題となっている、介護事業所における火災での死亡報告を受け、各事業所に対しての注意と安心・安全の確保を呼びかけております。
また、介護事業所における他事故リスクに関しても同様に考えております。

具体的な施策としては
■ 全茶話本舗事業所への、火災に対する意識調査・実態調査
■ 茶話本舗本部内に24時間対応可能な事故ホットラインの設置
■ 総務省消防庁との面談による、茶話本舗独自のガイドライン作成
等々

現時点で、茶話本舗チェーンにおける悲惨な事故は起きておりませんが、茶話本舗本部として、そして介護事業者として、二度と同じような事件・事故を起こさないために、各関係省庁や事業所への通達・相談を迅速に行い、今後もこのような情報発信を皆様にできるよう致します。
この度は、亡くなられた方々へご冥福をお祈りすると共に、今後このような事故が起こることのないよう、対策を整えていく所存でございます。